モチベーションUPを目指しディスカッション

 村本建設協力業者協同組合共栄会は11月9日、大阪市天王寺区のホテルアウィーナ大阪で「仕事に対するモチベーションを高めるには」をテーマにディスカションを行った。
  共栄会会員及び村本建設の役職員を含め約60人が参加した。 若い人たちをこの業界に引き入れるためには、給与面や週休2日を含めた雇用環境の改善は急務となっているが、そのためにも生産性を高める必要があるが、生産性を高めるにしても、この業界に引き込んだ若者を定着させるにも、とにかく働く人のモチベーションが高く維持されなければならない。ということでこのテーマが選ばれた。
 冒頭共栄会の森本会長は「本日は生の声をどんどん出して、解決策を探ってもらいたい」と挨拶された。また来賓の市岡武村本建設株式会社取締役常務執行役員品質統括部長は「企業の発展は優秀な人材の育成にかかっている。一人ひとりの意欲が顧客満足にもつながる。企業は働く人に夢を与えているかどうかを問われている。」と語った。

 ディスカションでは「賃金確保の為適正価格での受注」「業界全体で賃金水準をあげる」「効率の良い労働の方法を労使で検討」「元請け協力業者が一体となった人材教育」「作業の意味がわかるような教育をする」「職人個人の評価を明確にする」「職人の家族が現場見ることが出来る見学会の企画」などの意見要望が出た。
 終了後村本建設株式会社清水隆光執行役員建築統括部長が「まず村本建設の社員一人一人が、協力会社の皆さんがやる気を持てる現場づくりに努力し、皆さんのようなやる気のある方々と共に歩んで行きたい。」と述べられた。また同じく南條秀和執行役員土木統括部長は「これからも様々なディスカションを行い、より良い業界、環境を共に創っていこう。」と結ばれた。

 

「若手職人の育成」について2017年共栄会勉強会を開催いたしました

 村本建設協力業者協同組合 共栄会は 去る9月28日 大阪市天王寺区のホテルアウィーナ大阪で 講師に 村本建設の協力会社でもある札幌の中屋敷左官工業の中屋敷剛社長を招へいし「今どきの若手の育て方」と題して勉強会を開催した。
 勉強会には共栄会会員、村本建設役職員など約100人が参加した。冒頭森本会長は「今年の勉強会は業界全体の課題である若手の人材確保、人材育成に焦点を当てた。中屋敷社長は我々と同じ業界で活躍されている方なのでぜひ参考にして役立ててもらいたい。」と挨拶した。村本建設からの来賓南條秀和執行役員土木統括部長は「若手の離職を防ぐためには『希望・給料・休日』の『新3 K』を掲げる必要がある。雇用環境の改善の為に勉強会で何かをつかみ取ってほしい」と語った。

 中屋敷社長は父親の急死により家業を継いだ。自社の職人の年齢構成に危機感を持ち「採用・教育の大改革」を決意した。新人の即戦力育成プログラムは従来の先輩の背中を見て技術を盗めというスタイルを、先輩職人が壁を塗る動画を見て観察し、まねるモデリング手法を取り入れた。また4週5休制や月給制を取り入れ左官技能研修センターも新設した。講演の後また懇親会でも共栄会会員の皆さんは中屋敷社長を囲み、熱心に質問をされ、また「賃金はいくら払っているのか」「月給制にして仕事は安定的に受注できるか」などリアルな質問にもこころよく答えていただいた。

 

第12回通常総会を開催いたしました

 共栄会は、平成29年5月19日(金)ホテルアウィーナ大阪において、会員およそ50名の参加をいただき、第12回通常総会を開催しました。
 総会の冒頭で森本会長は、建設業界の変化の一年を振り返り、また人材確保、働き方改革へ向けて共栄会を全員で盛り上げていきたいと挨拶をされました。
 また、来賓として出席した村本建設株式会、村本社長は「次世代の会社代表者を育成しようと創立した共栄会の会長も、もう3代目となった。これからも、建設業界の多くの課題に対して共栄会を中心に取組んでいきたい。週休二日制の問題については、5年を目途に動きだしている。現在働いている人たちのためはもちろん、今後この業界に入職する若い方々のためにも土日は完全に休み、それでも給料は下がらないといった仕組みを目指さなければならない。それには、生産性の向上が鍵となる。キャリアアップシステムについてもこれから導入される。現場に一番近い共栄会の皆さんに、建設業界の将来を十分議論していただき、先導していっていただきたい。」と挨拶されました。
 その後の議事では、「平成28年度活動報告および収支報告」、「規約の一部変更について」、「会費の額およびその納入方法について」、「平成29年度活動計画(案)ならびに収支予算(案)承認について」等の議案が承認されました。


 総会後には、フリーアナウンサー・スポーツ評論家の石川顯先生による「一流の人々から学んだもの~真のリーダーシップとは~」をテーマに記念講演が行われ、大変好評を得ました。

 また、その後の懇親会では、招待された村本建設株式会社の役職員約60名も加わり、村本建設協力業者協同組合、玉置昌孝代表理事の挨拶のあと、交流を深める時間となりました。

共栄会主催のディスカッションが開催されました

平成28年11月11日(金)ホテルアウィーナ大阪において、共栄会主催により、「若年労働者の入職促進について考える」~週休2日制導入のために必要な事~をテーマに開催され、共栄会29人、村本建設㈱からは社長以下18人、労務コンサルタント シエーナ代表の吉川直子先生ら(合計47人)が参加し、意見の交換が活発に行われました。
開会に先立ち、森本会長は「今は、就労条件に休暇を重視する若者が多く働き方も変わってきています。建設業界は工期や天候に左右され、職種ごとにも制約があり、すぐに週休2日制を導入するのは難しいかもしれませんが、現場や事業所、業種ごとに柔軟に考えて、それぞれができることを探ってください」とあいさつしました。
村本社長からは、「建設業界のほとんどが土曜日も働いています。そんな現状を打破するために、当社では4週6休で現場を閉所する取組みを始めようとしています。皆さんも同じ土俵で同じことを考え、様々な課題や検討事項をこの場で話合い、各社に持ち帰って、ぜひとも社内で議論してほしいと思います。建設業界には、素晴らしい技術があります。今後の建設業界の人材確保、そして、この業界で長く働いてもらい、この業界を衰退させない取組みの一つとして、真剣に議論してください」との来賓あいさつがありました。

6グループに分かれたディスカッション終了後に、各グループより「現状と問題点」、「問題点の解決方法」、「事業者としてどのような事をするのか」というテーマに沿った討論結果の発表が行われました。

多くの意見が出され、様々な課題があることを改めて注視し、今後も議論を重ねていく必要があると思われます。

共栄会主催の勉強会が開催されました

共栄会は平成28年10月7日(金)ホテルアウィーナ大阪において、村本建設より技術部長をはじめ各分野の専門家を講演者としてお招きし、「村本建設株式会社の技術活用について」と題して勉強会を開催しました。
共栄会29人、村本建設㈱7人(合計36人)が参加しました。

講演テーマ 「特殊屋根工事における計画と施工」
講 師  村本建設㈱ 建築工事事務所主任   井口 悟  様

講演テーマ 「村本建設の土木技術」
講 師   村本建設㈱ 技 術 部 長  川中清弘 様

講演テーマ 「村本建設の固有技術と技術開発」

講 師  村本建設㈱ 技術開発部長  林 学  様


第11回通常総会を開催いたしました

 共栄会は平成28年5月20日(金)ホテルアウィーナにおいて会員およそ50名の参加をいただき第11回通常総会を開催しました。
総会の冒頭で中橋共栄会会長は「平成17年の発足以来10年を超えて11回目の総会を迎えた。今回は2年に1度の役員の改選時期にあたる。この10年の間に我々を取り巻く環境も変化し、数々の問題も起きている。しかし我々はこの信用不安ともいえる問題を解決し、愛される業界になる必要がある。新たな10年に向かい共に学び、共に進まなくてはならない。」と挨拶をされました。
 また来賓として出席した村本建設株式会社村本社長は「熊本の地震では49名もの尊い命が失われご冥福をお祈りする。昨今の建設業界に対しては、杭のデーター偽装、新名神の橋げたの落下、羽田、松山、福岡など各地の空港の地盤改良に関連する問題など一般の国民の目から見ると大変な不信感がつのっていると思われる。建設業界の各社3月決算は良好にも関わらず大きな問題が起きている。私たちは大いに反省して信頼の回復に努めなくてはならない。経営者から作業員に至るまで1企業の努力では足りない。1次、2次の協力会社、そして作業員ひとり、一人に至るまで同じ思いで信頼の回復に努めなければならない。共栄会の使命は重く、また期待するところは益々大きなものとなっている。」と挨拶されました。
 その後の議事では「平成27年度活動報告並びに収支決算」、「平成28年度カ活動計画(案)並びに収支予算(案)」等の議案が承認されました。
総会のあと行われた懇親会では村本建設㈱より招待された役職員約60名も加わり、村本建設協力業者協同組合 玉置昌孝代表理事の挨拶のあと新役員として次の皆様が紹介されました。

会長

(株)モリモトメタルワーク

森本 高志

副会長

中井鉄工建設(株)

中井 照博

副会長

福山工務店

福山 秀一

幹事

鈴川建設(株)

鈴川 福守

幹事

田原組(株

田原 洋一

幹事

(株)中川組

川井 守生

幹事

(株)倭電気

宮崎 一也

監査

タカダビルテック(株)

正司 啓

 

 

中橋共栄会会長 村本社長 新役員紹介及び挨拶

共栄会における秋の勉強会が開催されました。

去る11月13日 共栄会は大阪天王寺区のホテルアウィーナにおいて「社会保険の未加入問題について」と題して勉強会を開催しました。
 
 社会保険未加入問題とは建設産業戦略会議が、「建設産業の再生と発展のための方策2011」の提言の中で、建設業が直面する課題としてとり上げた項目の1つに「社会保険未加入企業の排除」に関する項目があり、社会保険等の未加入は、技能労働者の処遇を低下させ、若年入職者の減少の一因となっている。また保険未加入企業の存在により、適正に法定福利費を負担し、人材育成を行っている企業ほどコスト高になり競争力を失うという矛盾が起きているので、未加入企業の排除に向けた取り組みにより、建設産業の持続的な発展に必要な人材の確保を図り、企業間の健全な競争環境を構築する必要があるとしているものです。
  
今回の勉強会では既に一次下請けである共栄会などの所属会社については社会保険の加入率がおおむね95%を超えているとされながらも、二次三次の協力業に対してどのように理解させ、加入を推進していくかに力点を置いた勉強会と位置付けられ、講師に社会保険労務士でアート・ビジネスブレイン代表の前田勝徳様、同 竹中美晴様においでいただき2時間半に及ぶ勉強会でありましたが、会員の皆さんは熱心に受講されていました。
 
 今後の課題として加入期間の少ない作業員の救済策や法定福利費を繁栄させた標準見積書の取り扱いについてなどまだまだ不安は解消されていないようでもありました。
なお出席者は共栄会会員51名、村本建設社員13名の合計64名でした。

 

 

 

共栄会ディスカッションが開催されました。

去る10月9日(金曜日)ホテルアウィーナ大阪に於いて共栄会(村本建設協力業者協同組合の下部組織)主催のディスカッションが、A:若年作業員の採用、育成 B:外国人労働者の活用、C:女性技能者の育成 の3つのテーマについて 共栄会・組合員44人、村本建設から社長以下17人の合計61人が参加して行われました。

     

 村本社長は来賓としてはじめの挨拶の中で、昨今の建設業における労働事情を説明された後、日建連(一般社団法人日本建設業連合会)の目指す方向性等についても触れられました。

 この後グループごとに活発な討論が行われ全てのグループからそれぞれのテーマに添って、事業者として、また共栄会として今後取り組むべきと思われる方策が発表され、

 

 

 

 

 
最後のまとめでは共栄会の中橋賢次会長は、「今回のデスカッションははじめの問題提起にすぎない。今後さらに回数を重ね議論を深めていきたい。」と述べられました。

また、村本社長は、「各人、共栄会、そして村本建設のそれぞれのすべきことが見えてきた。議論をさらに重ねてみんなでよりよい方向に進んで行かなくてはならない。」と述べ、今後への期待感をにじませました。

 

第10回通常総会を開催いたしました。

 平成27年5月28日(木) ホテルアウィーナ大阪にて、ご来賓として、村本建設株式会社 村本代表取締役社長様、村本建設協力業者協同組合 玉置代表理事様にご臨席頂き「第10回通常総会」を開催致しました。
 総会終了後には、久米取締役専務執行役員様はじめ村本建設社員様に多数のご臨席を頂き懇親会を開催致しました。



21soukai187.jpg   総会 中橋会長挨拶

21soukai185.jpg   総会 村本社長挨拶

21kouenkai200.jpg   総会 風景

21kouenkai199.jpg   懇親会 玉置代表理事ご挨拶

21kouenkai199.jpg   懇親会 久米専務ご挨拶

21kouenkai199.jpg   懇親会 風景

第4回ボウリング大会を開催いたしました。

平成21年11月21日(土)19:00から『千日前ファミリーボウル』にて会社若手社員さんを迎えて開催いたしました、土曜日の夕方にも拘わらず大勢の方の参加を得ました。
参加者数は  会員 27名 会社 22名  合計49名でした。
参加された方のゲームの結果は
第1位  加藤 安伸様 〔村本建設(株)〕
第2位  馬場 健策様 〔村本建設(株)〕
第3位  上村 修司様 〔(株)晃和技建〕
となりました。全員の成績は『会員専用掲示板』に発表しています。
CIMG2466.jpg  開会式(長木会長挨拶)

CIMG2474.jpg  始球式(中野支店長)

CIMG2591.jpg 表彰式

CIMG2599.jpg  懇親会風景


 
 



村本建設協力業者
協同組合   共栄会

〒543-0002
大阪市天王寺区上汐4-5-26
TEL:06-6772-8356

   kumiailogo.gif

muramotologo.jpg

Kojimachi21logo.jpg